香川でゴルフの故障・怪我を予防するトレーニングをするならWINGへ

ゴルフはプロからアマチュアまで幅広い人がプレーしています。

他のスポーツと比べて「走ったり」「他の人と競って身体をぶつけたり」など激しい動きが少ないこともあり老若男女問わず人気のスポーツという特徴があります。

このことから、ゴルフで怪我をするというイメージをあまり持たれていないという方が多くいらっしゃると思いますが、実はゴルフには特有の怪我があります。

 

たくさんのゴルフ選手が怪我に悩まされており、怪我をしてしまうと

  • ・身体を動かすだけでも痛みが生じる
  • ・パフォーマンスを保つことができない

などの原因となってしまいます。

 

そのため、ゴルフ選手は怪我をしないような身体作りが大切です。

今回は香川県善通寺にあるトレーニング施設WINGが、「ゴルフ選手が起こしやすい故障・怪我の症状」についてと、「ゴルフ選手特有の故障・怪我の予防に最適なトレーニング方法」についてまとめていきたいと思います。

目次

ゴルフ選手特有の故障・怪我はどのような症状があるの?

ゴルフ選手特有の故障や怪我として代表的な症状に

  • ・腰の痛み
  • ・肩の痛み
  • ・肘の痛み

などが挙げられます。

 

具体的にどのような痛みなのか? について症状と予防について解説をしていきます。

 

ゴルフ選手が起こしやすい腰の痛み症状と予防

ゴルフ選手は腰を痛めることが多い理由として、

  • ・前傾姿勢が多い
  • ・頭を固定して大きく身体を回転させるスイング

という動作が大きく影響しているといえます。

また、肩関節の動きが悪かったり、肩甲骨の左右が歪んでいたりすると腰痛の原因となる場合もあります。

 

これらのゴルフ特有の痛みを予防するには、スイングに大きく影響をする

  • ・大腰筋、腸骨筋、小腰筋から構成される腸腰筋を鍛える
  • ・肩関節・肩甲骨などの関節を柔軟にして、身体のバランスを正す

といった身体作りが大切です。

 

ゴルフ選手が起こしやすい肩の痛み症状と予防

ゴルフ選手がスイングのときに肩を痛めることをゴルフ肩と呼びます。

これはゴルフ選手特有痛みとされておりスイング時の特にチークバックの際の

  • ・肩甲骨や後ろの肩周辺の筋肉が伸びる
  • ・一方、前面の肩周辺の筋肉は縮まる

というような、初動時の肩回りにある筋肉の「伸張」、「収縮」の動作が関係しています。

このスイングのときに、

  • ・身体を必要以上に捻じってしまう
  • ・頭を動かさないことで首の筋肉が捻じれる

といったことにより肩回りの筋肉は緊張して、硬直が起こります。

この状態でスイングを続けてしまうと、肩の痛みの原因となってしまいます。

 

これらのゴルフ特有の痛みを予防するには、

  • ・肩関節・肩甲骨などの関節を柔軟にして、身体のバランスを正す
  • ・スイングのときに重要となる肩の筋肉である三角筋を鍛える

必要があります。

ただ、三角筋の鍛え方によっては怪我を誘発してしまう原因ともなるので体幹を意識し、しなやかな筋肉を身につけるようにしましょう。

 

ゴルフ選手が起こしやすい肘の痛み症状と予防

ゴルフ選手がスイングのときに肘を痛めることを上腕骨内側上顆炎またはゴルフ肘といいます。

この症状はスイングの繰り返しによって肘の靭帯・関節や筋肉を損傷してしまうもので、

  • ・円回内筋
  • ・橈側手根屈筋
  • ・長掌筋
  • ・尺側手根屈筋
  • ・浅指屈筋

などに痛みが生じます。

 

スイングのとき、肘に負担がかかりやすい特徴があるため、一度痛めてしまうと治りづらいという特徴でもあります。

そのため、怪我をしにくい身体作りとして

・負担のかかりにくいしなやかで柔軟性のある筋肉

を身につけ怪我防止につなげましょう。

 

ゴルフ選手特有の故障・怪我を繰り返さないためには

怪我を起こしやすいゴルフ選手は

  • ・関節可動域が狭い
  • ・身体のバランスが悪い
  • ・関節と筋肉が硬い

などが原因であることがほとんどです。

 

そのため、

怪我しにくい身体作りとして

  • ・関節可動域を広げる
  • ・全身のバランスを改善させる
  • ・筋肉や関節に柔軟性を持たせる

ようにすることが大切です。

 

しかし、どのようなトレーニングを実践すれば、これらを身につけることができるのでしょうか?

そこで、おすすめするトレーニングがWINGで体験することができる、初動負荷トレーニング®です。

初動負荷トレーニング®ではゴルフ選手特有の故障や怪我の予防・治療につながる効果を実感することができます。

 

では次に、初動負荷トレーニング®とはどのようなトレーニングなのか? について詳しくお話をしていきましょう。

 

ゴルフの故障や怪我の予防、治療も行うことができる初動負荷トレーニング®

組立11

初動負荷トレーニング®とは、株式会社ワールドエンタープライズ代表の小山 裕史先生が考案した初動負荷理論に基づいたトレーニング方法です。

現在さまざまなスポーツ業界や医療業界から注目されているトレーニングとなっています。

 

初動時に負荷のピークを発生させることで

  • ・身体にかかる負担が少ないトレーニング
  • ・筋肉と関節を強く柔らかくさせ、しなやかな筋肉を身につけられる
  • ・スピードや加速度、機能性のある純粋パワー向上
  • ・重心位置の変化や身体の歪みの矯正

というさまざまな効果を実感できる特徴があります。

 

これによりゴルフ選手に重要な「柔軟性のあるしなやかな筋肉」や「正しいバランスのとれた身体」を身につけることが可能となり、故障や怪我の予防につながります。

 

また、初動負荷トレーニング®では、靭帯や骨の早期回復の効果も得られるため、

  • ・ゴルフで発症した慢性的な腰痛
  • ・スイングで痛めてしまったゴルフ肩
  • ・スイングで痛めてしまったゴルフ肘

の治療にも役立ちます。

 

 

このことから、初動負荷トレーニング®では、ゴルフの故障や怪我防止もしくは治療に最適なトレーニング方法であるといえるでしょう。

 

青木功プロも実践している初動負荷トレーニング®を香川で行うならWINGへ!

 

今回はゴルフ選手におすすめのトレーニング方法として初動負荷トレーニング®を紹介しました。このトレーニングはプロゴルファー青木功プロ、伊沢利光プロ、横峯さくらプロなど多くの選手が実践しており、長年現役で活躍しています。

この初動負荷トレーニング®を実践する際は、ワールドウイング指導提携施設を利用しましょう。

香川県内では善通寺にあるトレーニング施設のWINGでしか体験をすることができません。

ゴルフ選手で

  • ・腰痛
  • ・肩の痛み
  • ・肘の痛み

などに悩まれている方は故障や怪我の予防・治療に効果的な初動負荷トレーニング®を取り入れることをおすすめします。

初動負荷トレーニング®を試したい! という方はぜひWINGまでお問い合わせください。

電話:0877-62-0555

☆随時無料体験を実施していますのでぜひ一度お試し下さい。☆

  
0877-62-0555 入会案内