飛距離アップに効果的!香川でゴルフトレーニングをするならWINGへ!

ゴルフは大人から子供まで誰でもできる人気のスポーツのひとつです。

ゴルフを始めるきっかけは人それぞれで、

・家族や友人にすすめられて

・仕事の付き合い

・運動不足を解消するため

などの理由があるのではないでしょうか。

 

そして、始めるきっかけは違うけれど、一度ゴルフを始めたら「飛距離アップをしたい」「スコアアップをしたい」と目標を持ってゴルフの練習に取り組まれるということもあるでしょう。

そこで、飛距離アップをするときに必要なことは何だと思いますか?

多くの方は「自分に合ったクラブに見直す」、「しっかりとしたフォームを身につける」といったことを想像されると思います。

もちろん、ゴルフでは道具を見直すことや、正しいフォームを身につけることで飛距離アップをし、パフォーマンス向上をさせることができます。

 

しかし、より効率的・効果的に飛距離アップを目指には正しいトレーニング方法でゴルフのトレーニングができているか? ということが重要になります。

 

今回は香川県善通寺市にあるトレーニング施設のWINGが、ゴルフの飛距離アップに効果的なトレーニングについて解説をしていきます。

目次

飛距離アップを目指すうえでゴルフトレーニングに大切なのは大幹

ゴルフで飛距離アップを目指すためにまず必要なことは体幹です。

体幹を鍛えることで身体がブレない強く早いスイングができるようになり、飛距離アップすることに効果的です。

 

体幹は身体の骨盤・背中・肋骨・肩甲骨といったや、腹筋・背中・腰周りなど手足を除いた筋肉からなっています。

 

筋肉は関節をまたぎ骨に付着をしているので、体幹を鍛えるときは「筋肉」・「関節」・「」の一連の動作が大切です。

 

なぜゴルフは体幹を鍛える必要があるのか?

 

ゴルフトレーニングとして体幹を鍛えると考える場合は、静止した状態で特定の方向へ正確に動ける能力を上げることが大切です。

なぜなら、ゴルフのスイングには身体の回転動作や瞬発的な動きが必要となるからです。

 

具体的な話をすると、ゴルフのスイングは上半身と下半身を常に連動させて、距離ごとの適切なパワーを出さなくてはいけないということがあります。もちろん、フェアウェイやラフ、バンカーなど打つ位置は毎回同じではありません。

このようにゴルフは常に正確なスイングを行う必要があるので体幹が大切だといえます。

 

関節可動域を広げて体幹を鍛えよう

 

正確なスイングを行うためには関節の可動域を広げて大幹を向上させましょう。

関節の可動域を広げることで「筋肉と関節の運動がスムーズになる」、「ある程度身体を自在に動かすことができる」ことで運動時の可動性を高めることができます。

 

身体の安定性と強さを高めるトレーニングメニューをこなすことで、常に思い通りのスイングを行うことができて、ゴルフのパフォーマンス向上につながり飛距離アップ・コントロールアップを実感できるゴルフスイングを身につけることができます。

 

ただし、この体幹を鍛えるということはトレーニングをしてすぐに身につき効果が出るというものはありません。必ず日々トレーニングする時間と努力が必要になります。

 

勘違いされやすい逆効果のゴルフトレーニング方法について

ゴルフの飛距離アップをするのにパワーアップしたいと感じて、筋トレやウエイトトレーニングを行う人もいるでしょう。

 

しかし、飛距離をアップしたいからといって、単に筋肉をつけることは飛距離アップに逆効果となることもあります。

 

先程もお話をしたように飛距離アップ・コントロールアップをするには常に正確なスイングをおこなうことが大切です。

常に思い通りのスイングをするには関節の可動域を広げ柔軟性のある筋肉が重要となります。

 

しかし、筋トレやウエイトトレーニングを行うと末端の筋肉(肩・腕や手先、足腰や足先)を鍛えてしまうことになり、体幹部の可動域が失われてしまいます。

 

体幹部が動かなくなると関節と筋肉が硬くなってしまいます。ゴルフのスイングによる瞬発的な大きな動作は関節に大きな負担として影響を与えるので関節・筋肉が硬くなると怪我をしやすくなってしまいます。

 

また、筋肉や関節が硬くなってしまうと身体が安定しないため、ミスが多くなってしまったりします。

このように間違ったゴルフトレーニングをするとパフォーマンスの低下・怪我の原因になってしまうことがあります。

 

そのため正しいゴルフトレーニングを行い柔軟性のある筋肉・しなやかな動きを身につけることが大切です。

 

そこで、今回は香川にあるトレーニング施設がおすすめするゴルフトレーニングに最適なトレーニング方法について紹介をしていきたいと思います。

 

ゴルフトレーニングなら初動負荷トレーニング®がおすすめ

_MG_7148

初動負荷トレーニング®とは株式会社ワールドウィングエンタープライズの代表を務める小山裕史先生が発明・創案をした世界的に注目をされているトレーニング方法です。

 

初動負荷トレーニングは神経と筋機能の協調性や相互作用を高める効果があります。

これにより代謝促進を高めながら関節可動域を拡大することができるので、強くてしなやかな筋肉を身につけることができます。また、柔軟性のある筋肉を身につけることでスピード・パワーを獲得することができます。

これにより、日々のトレーニングを無理なく効果的に継続することができます。

 

また、初動負荷トレーニング®を取り入れることでゴルフの飛距離アップに必要な身体を身につけることが可能となります。

 

初動負荷トレーニング®はゴルフの飛距離アップにどのような効果があるの?

先に述べたように関節の可動域を拡大することにより、柔軟性が増し、スイングスピードが上がり、飛距離アップの効果につながります。

この柔軟性のある筋肉はゴルフのスイングにおいて大いに活用できるものとなっており、初動負荷トレーニング®を取り入れることで、飛距離アップに効果的であるといえるでしょう。

 

初動負荷トレーニング®を取り入れることで怪我防止にも効果がある

 

ゴルフの上半身・下半身を連動させスイングをするので、全身でボールを打つという特徴があります。

スイング中のスピードやパワーが加わる状況で動きをコントロールできなければ、負荷に耐えるための関節や筋肉に限界がきてしまいます。

 

初動負荷トレーニング®では柔軟性のある身体を獲得することができるので、ゴルフのスイングによる身体への負担を軽減させ、怪我のリスクを最小限にすることが可能となります。

 

プロゴルファーの青木功選手も取り入れている初動負荷トレーニング®!

 

初動負荷トレーニング®はゴルフのトレーニングを効率化させながら、怪我防止になるということで数多くのプロゴルファーがトレーニングメニューとして取り入れています。

 

実際に初動負荷トレーニング®を導入しているプロゴルファーの一覧は下記の通りです。

 

青木功、伊沢利光、尾崎直道、田中秀道、森口祐子、土肥功留美、横峯さくら、一ノ瀬優希

 

また、ゴルフ界に限らず他のスポーツの有名アスリートもトレーニングメニューとして取り入れられている初動負荷トレーニング®。

興味がある方は実践されているアスリートから詳しいアスリートの情報を確認してください。

 

香川県でゴルフトレーニングをするならWINGへ

 

初動負荷トレーニング®は株式会社ワールドウィングエンタープライズの提携施設で体験をすることができます。

香川県内では私たちWINGが唯一初動負荷トレーニング®を体験できるトレーニング施設になっています。

 

ゴルフで重要な「しなやかな筋肉・動きを身につけて飛距離アップをしたい!」というゴルフ選手はぜひWINGのトレーニングをお試しください。

 

電話:0877-62-0555

☆随時無料体験を実施していますのでぜひ一度お試し下さい。☆

  
0877-62-0555