肩甲骨ダイエットの効果と方法!身体をしなやかにするトレーニングはWINGへ

肩甲骨は肩の下、背中の上部の位置にある逆三角形をした大きな骨です。

肩甲骨の可動域を広げることでダイエットの効果があるので、「痩せたい」「姿勢が良くなりたい」「スタイルが良くなりたい」という人におすすめのトレーニングです。

今回は、肩甲骨の可動域を広げることで、なぜダイエット効果があるのか? について解説していきます。

また、香川県善通寺市のトレーニング施設のWINGでは、肩甲骨の可動域を広げてしなやかな身体を身に付けることに最適な初動負荷トレーニング®を体験することができます。

専門的な観点から身体を動かして、効率的に身体を柔らかくしたいという方は、WINGまでお問い合わせください。

電話番号:0877-62-0555

目次

肩甲骨ダイエットでなぜ痩せる?効果について

肩甲骨の周辺には、食物から吸収した脂質や糖質をエネルギーに帰る働きを持つ「褐色脂肪細胞」という細胞がたくさんあります。

この褐色脂肪細胞が活性化すると、体内の脂肪が燃焼しやすい体質になるため、痩せやすい体質になります。また、肩甲骨を動かすことで自律神経の交感神経の働きを活性化させます。

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があります。交感神経が優位になることで身体は活動的になるため、効率の良いカロリー消費を行うことができます。

肩甲骨の回りには多くの筋肉と連動していて、肩甲骨を動かす運動において多くの筋肉を刺激します。そのため、肩甲骨ダイエットをすることで「二の腕やウエストの引き締め」「背中に蓄積している脂肪を落とす」などの効果が期待でき、体型の改善や維持を目指すことができます。

 

その他にも、肩甲骨の可動域を広げることでリンパの流れが良くなる効果があります。

血行改善されること冷え性・肩コリなどの解消を促します。

また、女性が肩甲骨ダイエットを行うことで「骨盤との連動により子宮における血行が良くなり生理痛も軽くなる。」「肩甲骨を動かして刺激することにより、猫背の改善につがるだけでなく、胸がしっかりと開くことでバストアップを促す」など効果を得ることができます。

骨盤が歪んでいる人の場合は、基礎代謝が低下していて、脂肪が溜りやすい身体になってしまっているのですが、骨盤と肩甲骨間は密接な関係を持っていて、肩甲骨を刺激することでスムーズな骨盤の開閉を得ることが可能になります。これにより、姿勢が矯正される効果もあります。

肩甲骨ダイエットの具体的な方法

肩甲骨ダイエットは単純に肩甲骨を回すだけではなく、さまざまな方法があります。

ここでは、具体的な方法について解説していきます。

ウォーキングを行い、肩甲骨を柔らかくしよう

腕をできるだけ大きく振りながら歩くことで、肩甲骨を含めて全身の筋肉を効率よく動かすことができます。腕を大きく振ると骨盤も連動して動くため、スムーズな踏み出しが可能となり歩く速度が上がります。

早く歩く場合は、腕を振らないと足や腰に負担が掛かってしまったり、効率的な肩甲骨の運動にならなかったりするので、動作ファームを意識してウォーキングを行うようにしましょう。

 

タオルストレッチを行い、肩甲骨を柔らかくしよう

スポーツタオルやフェイスタオルの両端をそれぞれの手で持って息を吐きながら、上に高く上げます。その次に、息を吐きながら両肘を曲げてタオルが後頭部に回るように後方に肩の位置まで下げます。そして、息を吸いながら再び両腕を上に持ち上げます。この動作を10回繰り返して行うことで肩甲骨を柔らかくし可動域を広げることができます。

 

ほぐしストレッチを行い、肩甲骨を柔らかくしよう

息を吸いながら後ろに肘を引き左右の肩甲骨を付けるようにします。息を吐きながら前に腕を伸ばし、両手の甲を合わせて肩甲骨を離すように前に突き出します。この動作を何度か繰り返すことで、肩甲骨を柔らかくし可動域を広げることができます。

肩甲骨ダイエットの効果を最大限上げるポイント

肩甲骨を動かすことで、褐色脂肪細胞が刺激され、活発化することで身体の代謝が増加します。消費エネルギーが増大するというプロセスのなかで、より良いダイエットの効果が生まれます。

ここでは、肩甲骨ダイエットの効果をより実感ためのポイントについて解説していきます。

 

まず、肩甲骨ダイエットを行う時間帯は、朝起きた直後、もしくは寝る前に行うと良いでしょう。

朝の運動は身体にとってとても良いことで、朝身体を動かすことで基礎代謝を上げることができます。そのため、朝に肩甲骨ダイエットを実践することをおすすめします。

また、寝る前の夜は一日の疲れが溜っている状態です。

そのためストレッチ代わりに肩甲骨を動かすことで緊張を和らげ筋肉をほぐし、リラックスすることができます。

また、肩甲骨ダイエットを行うときは呼吸法を意識することがポイントです。

深くゆっくりとすることで腹式呼吸になり、自律神経を交感神経から福交感神経に切り替えることでよりダイエットの効果も高くなります。

正しい呼吸は自律神経の乱れを整えてくれる効果もあり、ゆっくりとして大きな呼吸自体が熱量を発してカロリーを消費するので、ダイエットには欠かせません。

 

効果的に肩甲骨を広げるならWINGへ

肩甲骨ダイエットダイエットについての効果や方法について解説をしましたが、独学での肩甲骨ダイエットは「正しい動作ができているかわからない。」「効果を実感することができない。」と感じる人もいるでしょう。

 

そこで、正しい運動を行い、肩甲骨を広げて身体を柔らかくしたいという方はWINGの初動負荷トレーニング®を実践していただくことをおすすめします。

 

香川県善通寺市にあるWINGは、県内で唯一初動負荷トレーニング®を導入しているトレーニング施設です。

初動負荷トレーニング®は関節可動域の拡大にとても効果のあるトレーニングです。

さらに、関節や筋肉のストレスを除去に効果があったり、身体の歪みの矯正に効果があったりするので、より効率的に肩甲骨や柔らかくする実感をえることができます。

 

「最近疲れが溜っている。」「ダイエットに効果的な運動を行いたい。」「身体の歪みを正したい。」とお考えの方は、ぜひWINGへお越しください。

電話:0877-62-0555

☆随時無料体験を実施していますのでぜひ一度お試し下さい。☆

  
0877-62-0555 入会案内