故障中でも充実したトレーニングを行うなら、香川県善通寺のWING!

マラソン・野球・サッカー・テニスなどさまざまなスポーツがありますが、どのようなスポーツでも故障はつきものです。

 

故障をしてしまうと、今までの通りのトレーニングを行うことができないので、筋肉の低下やパフォーマンス低下をしないか? と不安を感じることが多くあると思います。

 

そのため故障中でもできる範囲のトレーニングを行い、なるべく早期復帰をしたいと思っているアスリートは多くいるでしょう。

 

では、故障中があったときはどのようなトレーニングが好ましいか、故障中のトレーニング方法について香川県善通寺のトレーニング施設のWINGがお伝えをしていきます。

 

目次

さまざまなスポーツごとの起こりやすい故障について

ここでは、マラソン・野球・サッカー・テニスで起こりやすい故障についてと、故障中に取り入れているトレーニング方法で注意したいことについてまとめていきます。

マラソンで起こりやすい故障について

マラソンやランニングをすることによって抱える痛みのトラブルは「膝」「ふくらはぎ」「足首」「太もも」などがあります。

走ることで起こる上記の部位の痛みの原因のほとんどは過度な疲労が問題となるケースが多いです。

 

そのため、マラソン・ランニングで痛みを感じる場合は走る行為を中止することが大切です。

 

野球で起こりやすい故障について

野球選手特有の怪我として「野球肩」や「野球肘」があります。

この肩や肘の痛みは投手以外に捕手・野手ともに抱える故障トラブルです。

 

野球の投球は手元だけで投げるのではなく、全身で投げることが身体を壊さないために大切です。全身で投げれていないことが原因で肩や肘に負担となり関節や筋を痛めてしまうということに繋がります。

 

野球肩や野球肘を発症してしまったら、重症化しないようボールを投げることを控えましょう。

 

サッカーで起こりやすい故障について

サッカー選手特有の怪我として「膝」や「股関節」の靭帯損傷があります。

 

サッカーは瞬発的な筋肉と持久力のある筋肉が必要とされますが、プレー中の激しい運動により関節や筋肉の怪我が起きやすいという特徴があります。

特に靭帯系の損傷は一度発症すると癖づいてしまうので、損傷部に負担とならないように過度に走るトレーニングは行わないようにしましょう。

 

テニスで起こりやすい故障について

テニス選手特有の怪我として「テニス肘」があります。

テニス肘とはテニスの運動によって生じる肘のスポーツ障害ですが、テニスの他にバトミントン・卓球・ゴルフなどのスポーツや、スポーツ以外の手作業でも生じることがあります。

 

この肘の痛みは反復する同一動作により慢性的に炎症を起こすことが原因となるので、痛みを感じたときは肘への負担をかけないようにしましょう。

 

 

無駄な筋肉をつけるのは良くない?間違った故障中のトレーニング方法

故障をしているときは、怪我をしている部位以外のトレーニングを行うということが一般的です。

マラソンやサッカーで足を痛めた場合、痛めた足を使わないでできるトレーニングとして上半身の筋トレがあります。

ハードな腕立て伏せ・腹筋・背筋などの筋トレを行ってしまうと重くて太い筋肉がついてしまうので上半身のトレーニングをおこなうことで身体のバランスが悪くなり、復帰後スピードや持久力の低下を招くことがあります。

 

また、野球やテニスなどのスポーツで肘や肩を痛めた場合は、痛みのない箇所のトレーニングを行う人が多くいるでしょう。

一般的に、筋トレやウエイトトレーニングで筋力強化に励む人が多いと思いますが、無駄な筋肉をつけることで筋肉や関節が硬くなり、新たな怪我の発症、パフォーマンスの低下につながってしまいます。

 

 

故障中でも故障箇所のトレーニングを行うことが大切

 

故障中は損傷している筋育や関節にストレスがかからないようにトレーニングを行うことが大切です。

 

上記でお話をしたとおり、筋トレやウエイトトレーニングでは身体への負担がかかり過ぎてしまうので、注意が必要です。

 

では、故障中はどのようトレーニングをすればいいか? についてですが、

今回WINGがおすすめする故障中のトレーニング方法は初動負荷トレーニング®です。

 

故障中に初動負荷トレーニング®を取り入れることで、適切な運動のサポートを行うことができます。

 

初動負荷トレーニング®なら故障中でもトレーニングを行うことができる

初動負荷トレーニング®とは多くのアスリートがトレーニングメニューとして取り入れているトレーニング方法です。

 

初動負荷トレーニング®を実践しているアスリートについてはこちら

 

 

初動負荷トレーニング®とは本来の運動に近い自然な負荷運動という意味があり、身体への負担がほとんどないトレーニングです。

 

主な効果として

・神経と筋肉の機能を促進させる

・柔軟性のある筋肉・関節になるためしなやかな動きになる

・関節可動域の拡大による関節の歪みの解消

などがあげられます。

 

詳しい初動負荷トレーニング®の効果についてはこちら

 

 

初動負荷トレーニング®は故障中でもトレーニングに励むことができて、効果的な運動を行うことができます。

 

また骨・靭帯・筋肉のストレスを除去し、負担を軽減させる効果もあり、

トレーニングをしながら骨・靭帯損傷を早期回復させることも可能となります。

 

 

初動負荷トレーニング®は故障中のアスリートでもパフォーマンス向上・怪我の早期回復に効果がありますので、故障中のトレーニング方法についてお悩みの方はぜひ初動負荷トレーニング®をお試しください。

 

香川県内で故障中でもトレーニングをするなら善通寺のWINGへ!

 

故障中は適切なトレーニング方法と取らないと、怪我の治療が長引いたり、パフォーマンス低下につながることもあります。

 

そのため故障中はどのようなトレーニングをするか? ということが大切になります。

 

初動負荷トレーニング®では、故障の回復とパフォーマンス向上のどちらも効果がありますので怪我をしていても安心してトレーニングを行うことができます。

 

香川県で怪我・故障に悩まれているアスリートはぜひWINGの初動負荷トレーニング®を体験してみてください。

電話:0877-62-0555

☆随時無料体験を実施していますのでぜひ一度お試し下さい。☆

  
0877-62-0555