香川県でマラソンの怪我の回復・復帰を目指すならWINGへ

マラソンは身体ひとつで長い距離を走ります。

その運動の特性から、とても多くの選手が怪我に苦しみ、満足できる走りができないと悩みを持たれていると思います。

 

マラソンで引き起こされる代表的な怪我のとしては、

  • ・捻挫
  • ・肉離れ
  • ・ランナー膝

などの外傷があります。

 

これらの怪我は、筋肉・関節・骨・腱などが炎症することで痛みを伴い満足に走ることができなくなるので、怪我を発症したマラソン選手は怪我の回復のためにリハビリを行う必要があります。

リハビリが長期間になると焦りや不安の原因になってしまいます。そのため、怪我をしているマラソン選手は「早く復帰したい」「怪我の回復をしたい」と思われている方がたくさんいると思います。

ただ、マラソン選手はどのようなリハビリを行うかで早く復帰ができるか左右されます。

 

そこで、今回はマラソン選手が怪我の回復や早く復帰するための効果的なリハビリについて解説していきたいと思います。

目次

マラソン選手が怪我の回復・復帰を行うためにリハビリを行う必要性

怪我をしているマラソン選手は復帰・回復を目指すうえでリハビリを行う必要があります。

 

適切なリハビリを行うことで

  • ・痛めている患部の症状を回復させる
  • ・怪我によるパフォーマンス低下を改善させる

などに対して効果があります。

 

痛めている患部の症状を回復させる

 

マラソン選手でさまざまな怪我に悩んでいるという方は多いでしょう。

そのなかでも代表的な怪我に

  • ・捻挫
  • ・肉離れ
  • ・ランナー膝

などが挙げられます。

 

怪我の回復を目的とするリハビリでは、理学療法士など専門家による指導のもと怪我の種類や症状の程度を考慮したうえでトレーニングが実施されます。

専門的なトレーニングを行うことで、効果的に復帰を目指すことができます。

 

怪我によるパフォーマンス低下を改善させる

怪我の発症が起こると患部は炎症もしくは損傷し、痛みの原因となります。

リハビリを行うことで回復・改善させるので、その痛みが和らぎパフォーマンスを戻すことに効果があります。

ただ、筋肉系・関節系の怪我は一度怪我の発症をしてしまうと、損傷部を硬くしてしまうので柔軟性が失われ、怪我の再発のリスクを高めてしまいます。

そのため、リハビリを行うときは、身体をしなやかにさせ柔軟性を持たせるトレーニングで治療を行うことが大切です。

 

マラソン選手が怪我の回復・復帰を目指すときに身につけたいこと

上記でお伝えをしたように、マラソン選手の怪我の回復、復帰を目指すときはしなやかな身体回復しやすい身体を身につけることを意識するようにしましょう。

 

マラソンの怪我は、筋肉・関節、腱・骨に関わる炎症や損傷が多いので、しなやかな身体を身につけることで怪我の回復に効果があり、怪我の予防につながり怪我の再発リスクを下げてくれます。

 

マラソンによる捻挫の回復・復帰には筋肉や関節の柔軟性が大切

捻挫はくじいたり、捻じったりすることで強い負荷がかかり、通常の可動範囲を超えた動きが起こることで、骨がズレたり、骨と骨の間の関節を損傷することで痛みとなります。

痛みにより硬くなってしまった骨に接している関節は、再発しやすいことが特徴で歩けないほどの痛みや関節のぐらつきを感じることもあります。

骨と関節と筋肉は連動しているため、筋肉と関節の柔軟性を高めるトレーニングを行うことで、患部の関節の硬さを和らげ痛みと再発を抑える効果があります。

 

マラソンによる肉離れの回復・復帰には筋肉や関節の柔軟性が大切

肉離れは筋肉が急激に収縮することで、部分的もしくは完全に断裂した状態になり痛みを伴います。

マラソンでは主に下半身の筋肉(大腿四頭筋・ハムストリング・腓腹筋)で起こります。

筋肉の損傷は回復時、また断裂しないように強い筋繊維に修復する特徴があります。

ただ、強くて太い筋繊維は柔軟性がないために、違和感や再発の原因となってしまいます。

肉離れのリハビリは患部へ負担となる痛みを伴う治療が一般的ですが、これは筋繊維の柔軟性を低下させてしまうので、極力幹部に負担をかけない痛みないトレーニングを実施し治療を行うことが大切です。

 

マラソンによるランナー膝の回復・復帰には筋肉や関節の柔軟性が大切

ランナー膝は膝の外側に起こる痛みです。腸脛靭帯炎という病名が一般的ですが、長い距離を走るランナーに発症しやすいことからランナー膝とも呼ばれています。

この症状はランニングによって起こる膝の損傷で、膝の屈伸を繰り返すことで、腸脛靱帯が大腿骨外顆とこすれて摩擦が起き、この摩擦が過度に繰り返されることで炎症となります。

 

膝の使い過ぎによることが原因となりますので、筋肉や関節のストレスを緩和するような方法で治療を行うと同時に、再発しないよう靭帯周辺の筋肉や関節を硬くしない、柔軟性を高めるトレーニングを行うようにしましょう。

 

マラソン選手の怪我回復に効果的!早く復帰したいなら初動負荷トレーニング®を実践しよう

マラソン選手の怪我の回復は、筋肉や関節の柔軟性を高めしなやかな身体を目指すことがとても重要となります。

一般的にリハビリでは、怪我の回復を目的としてマッサージやストレッチ、適度なトレーニングが行われますが、これらの方法では回復の効果を実感できず、なかなか治らないと思われている方が多くいると思います。

なぜリハビリは長期間の治療を要してしまうのかというと、通常のマッサージやストレッチなどでは、患部に対して表面的なアプローチしかすることができない性質があるからです。

怪我の治療は「いかに痛みの根本を改善させるか」ということがポイントとなります。

 

そこで一般的なリハビリでは実感することが難しい怪我の回復・早い復帰に効果的なリハビリトレーニング方法として初動負荷トレーニング®をおすすめします。

 

初動負荷トレーニングは、

  • ・筋機能と神経機能を促進させ、筋肉や関節の柔軟性を高める
  • ・関節可動域を拡大させる
  • ・しなやかな身体を身につけることができる
  • ・ほとんど身体に負担をかけないので疲れにくい
  • ・神経や筋肉・関節へのストレスを解除し、疲労物質を除去する

などの効果があり、怪我や障害に対応したトレーニング法となります。

 

 

マラソン選手が怪我の回復・予防をするには柔軟性のあるしなやかな身体を身につけることが大切です。

早く復帰を目指したいと思われているマラソン選手は初動負荷トレーニング®でリハビリに励みましょう。

 

有森裕子選手も怪我の回復で実践していた初動負荷トレーニング®

 

初動負荷トレーニング®がマラソン選手の「怪我の回復」「復帰」におすすめする理由のひとつに、確かな実績があります。

オリンピックに出場している数々のマラソン選手が初動負荷トレーニング®を導入し、長年の多くの選手の活躍に貢献しています。

 

実際に初動負荷トレーニング®を実践している選手の一覧は下記の通りです。

・歴代のマラソン選手

有森 裕子、犬伏孝行、佐藤信之、新宅永灯至、宗茂・猛、谷口浩美、千葉真子、真木和、宮原美佐子、森下広一、山下佐知子、米重修一、安部友恵、児玉泰介、谷川真理、細川道隆、山本佳子

 

・現役のマラソン選手

佐藤敦之、伊藤舞、井川重史、岩佐敏弘、今井正人

 

 

この初動負荷トレーニング®は香川県内ではWINGでしか体験することができません。

香川県内はもちろん近隣にお住いマラソン選手で「怪我の回復・復帰に効果的なリハビリトレーニングしたい!」という方は、ぜひWINGの初動負荷トレーニング®をお試しください。

電話:0877-62-0555

☆随時無料体験を実施していますのでぜひ一度お試し下さい。☆

  
0877-62-0555 入会案内