香川県でマラソンのリハビリをするならWINGへ

マラソンは老若男女問わず行われる、とても人気があるスポーツです。

ただ、まだ身体が出来上がっていなく幼かったり、年齢を重ねて身体が弱くなっていたりする場合は、身体への負担も考えて行わなければならないスポーツのひとつでもあります。

 

どんなスポーツでもいえることですが、身体を動かすからには、常に怪我の危険性があるので、自分の体力面としっかり相談をする必要があります。

特に激しい内容のスポーツになると、より厳重な注意をしておかないと、思わぬ大きな怪我を招き、しばらく運動を行えなくなってしまうでしょう。

そういった際に、ちゃんとリハビリを行い、正しく治療をしないと、一生身体を動かすことを制限されてしまう可能性もあります。

マラソンは身体に長く負担をかけ続けるため、最終的にはほかのスポーツより怪我のリスクを高めてしまう可能性があり、リハビリが必要になる場合も多いでしょう。

さらに、身体の状態がより関係するスポーツなので、怪我をした際の治療は必ず行わないといけません。

 

それでも、リハビリはきついものが多く、心を折られてしまうことも多くあるため、リハビリを行わずに怪我を放置してしまう人は多くいます。

 

香川県の善通寺にあるWINGでは、モチベーションを維持しながら継続しやすい初動負荷トレーニング®を実践できます。

今回は、マラソンで起こりうる怪我の種類とリハビリの方法、そして初動負荷トレーニング®で得られる効果について詳しく解説していきます。

目次

マラソンで起こる怪我の種類と原因

マラソンでは、足の怪我が起こることが多く、なかでも腸脛靭帯炎はランニングニーとも呼ばれ、マラソンなどのランニング要素がある運動では報告例が多い怪我になります。

ほかにも、足底筋膜炎といった怪我はマラソンではよく起こります。

 

こういった怪我が起こる原因とは何なのでしょうか。

 

怪我の原因と予防法を知るために、詳しく見ていきましょう。

腸脛靭帯炎

腸脛靭帯炎は膝の外側あたりに痛みが出ることが多い怪我です。

主に膝の曲げ伸ばしが多くなることで、腸脛靭帯と骨がこすれあって起こる怪我です。

腸脛靭帯はお尻などの筋肉の近くに接しているので、筋肉が硬くなると、引っ張られてしまいます。

その状態で走ったりすると、骨との接触が起こってしまい、最終的に炎症につながって痛みが生じます。

 

予防法・改善法としては、腸脛靭帯の周囲にある筋肉を柔らかくすることが挙げられるので、ストレッチによるケアをしっかり行うことが重要でしょう。

 

また、ストレッチによる腸脛靭帯炎の予防・改善が見込めなかった場合は、走り方が原因であったりすることがありますので、一度見直しをする必要があるでしょう。

 

足底筋膜炎

足底筋膜炎は「使いすぎだから安静にすれば治る」といわれがちですが、実際は痛みが引いてから運動を再開すると、再発してしまったりすることが多くあります。

そもそもの原因は「使いすぎ」ではなく「筋肉の硬さ」です。

足の裏にある筋肉組織は地面からの衝撃を吸収する働きがあります。

ただ、それらが硬くなってしまうと、うまく伸び縮みできなくなるので、本来の役目を果たせなくなってしまいます。

 

予防・改善法としては、足の裏周辺の筋肉組織を柔らかくするストレッチを行うことが挙げられるでしょう。

もし、ストレッチを行っても予防・改善が見込めなかった場合は別の原因が考えられます。

マラソンは長期的に足の裏に負担を与え続ける競技なので、ストレッチを入念に行っている選手でも足底筋膜炎を起こしてしまうことがあります。

そういった際は、少しの間休暇を取るか、練習の量を控えるようにしましょう。

 

マラソンによる怪我で行うリハビリの内容

マラソンは怪我のタイミングによっては大会への出場を棄権しなければならないことが多いため、日々のケアをしっかり行うことがとても重要です。

万が一、怪我をしてしまった場合、練習に早く復帰するために、怪我の改善を急ぐ必要も出てくるでしょう。

そのためには、復帰してからすぐに効率的な練習を行うために、身体能力を維持しながら治療に励まなければなりません。

 

では、マラソンで行われるリハビリには一体どんなものがあるのでしょうか。

 

腸脛靭帯炎で行われるリハビリ

オーバーユース障害と呼ばれることが多い腸脛靭帯炎では、保存療法と呼ばれるリハビリが行われます。

マラソンにおける保存療法ではランニングの休止が求められますが、完全に練習を止められるわけではなく、患部に負担をかけないように、反対回りのトラック走行などを取り入れます。

原因であることが多い筋肉の硬さを解消するために、ストレッチもしっかり行いましょう。

ただし、両足で腸脛靭帯炎が起こっている場合は、ストップがかかってしまうこともあるでしょう。

さらに、症状が重い場合には、痛みがひど過ぎて練習が行えない状態を余儀なくされることもあります。

 

足底筋膜炎で行われるリハビリ

まず炎症による痛みを抑えるために、運動量を控える必要があります。

痛みの度合いによっては、少しの期間休息を取ることを余儀なくされることもあるでしょう。

運動量を控える期間に行う運動の内容としては、足裏に負担があまりないものを取り入れます。

プール歩行、エアロバイク、軽いウォーキングなどの運動で身体能力を維持するリハビリを取り入れつつ、足裏の筋肉組織を柔らかくするストレッチを行えば、改善には最も効果的でしょう。

 

 

怪我によって内容は変わりますが、痛みとの戦いもあるために、なかなかモチベーションを保ちづらいという問題もあるでしょう。

それに加え、もっと効率よくリハビリを行いたいという気持ちもあると思います。

そんな人におすすめなのが、初動負荷トレーニング®です。

香川県のWINGでモチベーションを保ちながらリハビリをしよう

_MG_7148

初動負荷トレーニング®は、香川県善通寺のWINGで体験することができるトレーニングです。「マラソンの怪我で起こる怪我」の種類でお話しをした通り、マラソン特有の怪我は筋肉や関節の硬さが、症状の原因、悪化に大きく影響します。

 

初動負荷トレーニング®に取り組むことによって、身体へさまざまな好変化を与えますが、その効果・作用のひとつに筋肉や関節をしなやかにさせて柔軟性を高めることができます。

さらには、身体に無理のない動きで、怪我の改善に対してアプローチを可能とします。

痛みがあるとリハビリはとてもつらいで、初動負荷トレーニング®を行うことで、身体に負担なくリハビルに励むことができるといえるでしょう。

痛みを伴わない、もしくは最低限で押さえられるリハビリは、どんどん実践することができるのでモチベーションを保ちながら、リハビリを実施することができます。

 

詳しい初動負荷トレーニング®の効果についてはこちら

 

また、WINGでは理学療法士や作業療法士などの資格や知識のある専門トレーナーが運動の指導を行っているので、適切なリハビリトレーニングを実践することができ、効率的・効果的に怪我の改善を目指せます。

電話:0877-62-0555

☆随時無料体験を実施していますのでぜひ一度お試し下さい。☆

  
0877-62-0555 入会案内