メタボを予防する重要性と初動負荷トレーニング®の効率について

メタボを予防する重要性と初動負荷トレーニング®の効率について

 

現在、中高年の方に多いメタボですが、そのままにしておくと心筋梗塞や脳梗塞などの命に関わる病気になる可能性があるので、放置するのは危険です。

世間では、メタボはただの肥満ではなく、健康状態に大きな影響を及ぼすものであるという考え方が浸透してきているのです。

 

メタボになりやすい身体になってしまう前に、若いうちから予防をしておかなければ、改善もしにくくなってしまうことも考えられます。

 

では、メタボを予防するために必要なこととは何なのでしょうか。

「今の生活習慣ではメタボが心配」

「既に肥満気味だからメタボ予防をしなければならない」

そういった方々のために、今回はメタボ予防をする方法について詳しくお伝えしていきます。

目次

メタボを予防するために重要なポイント

メタボが問題視されている大きな理由のひとつは、「内臓脂肪型肥満」です。

「内臓脂肪型肥満」とは、腸などの内蔵周りに脂肪が蓄積してしまっている状態のことをいいます。

 

内臓脂肪の蓄積は、高血圧や糖尿病、高脂血症などの生活習慣病になるリスクを高めてしまい、これらの病気が複数重なってしまった場合にメタボと診断されます。

中高年になってからだとメタボの改善は、年齢が若い方より難しいとされているので、メタボ予防は早めにしておいたほうがいいでしょう。

 

メタボを予防するためには何を実行すればいいのでしょうか。

 

さっそく、メタボ予防で重要なことをいくつか詳しく見ていきましょう。

 

食事の取り方や内容を見直す

メタボの予防をするのであれば、まず間食や夜食を控えるようにしましょう。

内臓脂肪を減らすためには、食事による摂取カロリーを運動することで消費されるカロリーより少なくしなければいけません。

 

食事の量を減らしても、炭水化物・脂質・タンパク質・ビタミン類・食物繊維を中心に栄養バランスはきちんと整えましょう。

 

ストレスをなるべく避ける

過度なストレスによる精神的な疲労は食欲を高めてしまうことがあるため、結果的に肥満になってしまう可能性があります。

 

そのため、メタボを予防するなら生活習慣の改善をする必要があるでしょう。

どんなに忙しくても、なるべく8時間ほどの充分な睡眠を取り、趣味などのストレス発散を行いましょう。

 

筋トレと有酸素運動を行う

まず、内臓脂肪を効率よく燃やす方法として筋肉量を増やすことが挙げられます。

筋肉量を増やすことによって、基礎代謝量が増加し、有酸素運動で消費されるカロリーの量が増えるため、脂肪燃焼の効率が大幅に上昇します。

 

筋肉を増加させるためには、タンパク質を多く摂る必要があり、運動の内容によっても必要な量は変わってきますが、目安としては体重(kg)の1.5倍~2.0倍ほどのタンパク質(g)を摂取するのが理想的です。

 

基礎代謝量を増加させて脂肪燃焼しやすい身体作りをしておけば、メタボの予防には最適

です。

ただ、筋肉量を増やす筋トレといっても、ウェイトトレーニングなどのきついメニューを想像するでしょう。

 

初動負荷トレーニング®であれば、ウェイトトレーニングなどのきつい内容ではなく、リラックスした状態で身体作りが行えます。

 

脂肪燃焼の効率を上げるなら初動負荷トレーニング®

メタボ予防をする上で、最も重要な運動ですが、身体作りをするためには継続して運動を行わなければなりません。

ただ、きついメニューを長期的に続けるのは身体的にも精神的にも難しいですよね。

初動負荷トレーニング®では、そんなきつい筋トレメニューをこなす必要がなく、身体に無理のない負荷で身体作りを行えます。

 

ここからは、初動負荷トレーニング®が脂肪燃焼の効率アップに効果的な理由をいくつか解説していきます。

 

血行促進と老化防止

初動負荷トレーニング®を行うと、血流を促す効果が期待できるため、心臓をより働かせることができるでしょう。

心臓などの内臓の動きが活発になり、血流量が増加すれば体温も上昇し、基礎代謝量が増加するので、メタボ予防には効果的です。

 

さらに、血流量が増えると体内の有害物質が排出されるデトックス効果が得られます。

体内に溜まった老廃物が排出されると、肌にシワが出てきたり、体型がくずれてしまったりすることがありますが、初動負荷トレーニング®を行っていれば、その心配がありません。

 

そのため、初動負荷トレーニング®はメタボの予防だけでなく、老化防止やきれいな体型作りにも絶大な効果があります。

 

身体に無理なストレスを与えない

ウェイトトレーニングなどの筋トレでは、身体に無理な負荷をかけることで筋肥大や筋肉増量を目指しますが、普段持ち上げないような重量を扱ったりするので、筋肉に大きなストレスがかかってしまいます。

大きなストレスを感じてしまうと、食欲が増してしまい、食べ過ぎてしまうことがあるのです。

 

きつい筋トレメニューをこなしても、食べ過ぎるとメタボ予防の意味がないので、ストレスによる食欲に耐えなければなりません。

初動負荷トレーニング®では、筋肉に過度な負荷をかけないので、ストレスを感じなく、長く続けることができるでしょう。

 

メタボ予防をするなら香川県のWINGまで

組立11

メタボを確実に予防するには、必ず身体に過度なストレスを与えない内容のトレーニングを取り入れることが重要でしょう。

さらに、血行促進などの効果もあるトレーニングであれば効率的ですよね。

 

初動負荷トレーニング®なら、メタボ予防に最適な効果を与えてくれると思います。

ただ、初動負荷トレーニング®を行うためには専用のマシンが必要です。

 

香川県善通寺のWINGでは、初動負荷トレーニング®を行うための環境を整えています。

初動負荷トレーニング®を初めて行う場合でも、きちんとメニューを組んでくれるトレーナーがいますので、安心してトレーニングを行えます。

 

さらに、隣接しているふじた医院から専門の医師が施設内にてサポートを行うことも可能ですので、メタボ予防を目指すのであれば、とても理想的な環境だといえます。

 

香川県内で初動負荷トレーニング®を行える施設は善通寺のWINGだけなので、ぜひ訪れてみてください。

電話:0877-62-0555

☆随時無料体験を実施していますのでぜひ一度お試し下さい。☆

  
0877-62-0555 入会案内