香川県でサッカーの怪我の回復・復帰を目指すならWINGへ

サッカーでさまざまな怪我に悩んでいる選手はとても多いでしょう。

引き起こされる代表的な怪我のとしては、

  • ・筋肉系
  • ・靭帯系

などの外傷があります。

 

これらの怪我は発症すると、治療をするために休息を取りながら適切なリハビリを行い怪我の回復に努めなければいけません。

怪我をして日々のトレーニングを中止してしまうと、筋肉・パワー・柔軟性などのパフォーマンス能力が低下してしまうことから、普段のトレーニングをしないことでの不安や焦りを感じることがあるでしょう。

そのため怪我をしているサッカー選手は「早く復帰したい」「怪我の回復をしたい」と効果的なリハビリを実践したいと思われている方が多くます。

 

そこで、今回は具体的にサッカー選手が怪我の回復や早く復帰するためにはどうすればいいのか? について解説していきたいと思います。

目次

サッカー選手が怪我の回復・復帰を行うためにリハビリを行う必要性

サッカー選手が怪我をしたときに復帰・回復を目指すうえで重要になるのがリハビリです。

適切なリハビリを実践することで、

  • ・プレーにより発症した怪我の治療
  • ・怪我後のパフォーマンス低下を最低限抑える

などの効果があります。

 

プレーにより発症した怪我の治療

サッカー選手でさまざまな怪我に悩まされているという方は多いのではないでしょうか。

特に怪我が多い傾向にある部位は筋肉系や靭帯系で代表的なものに、

  • ・肉離れ
  • ・靭帯損傷

などの症状が挙げられます。

 

リハビリでは、まず理学療法士など専門家の診断を受け、リハビリメニューが作成されます。

怪我の種類や症状の程度を考慮して、ひとりひとりに合わせた内容でトレーニングは行われます。また、怪我や故障を回復させる治療と共に、症状が再発しないような身体作りや動作指導を行います。

 

怪我後のパフォーマンス低下を最低限抑える

サッカー選手特有の肉離れや靭帯損傷を患ってしまうと、走ったりボールを蹴ったりするだけで痛みが出るのでいつも通りのパフォーマンスを発揮することができなくなってしまいます。

また、筋肉系の怪我である肉離れや神経系の怪我である靭帯損傷は、一度故障してしまうと完治するまでに長期間のリハビリが必要になる特徴があります。

練習の再開や中止を繰り返すと、トレーニングをしていない期間も長引くのでそれだけでパフォーマンスは低下してしまいます。

そのため、怪我で休んでいる期間中は、治療を行いながら患部に負担のかけないトレーニングを行い、運動機能をある程度保つことが大切になります、

 

サッカー選手が怪我の回復・復帰を目指すときに身につけたいこと

サッカー選手が怪我を回復する、復帰を目指すときは回復しやすい身体しなやかな身体を獲得するようにしましょう。

回復しやすく、しなやかな身体になれば怪我からの復帰を早めたり、怪我の予防になったりするので怪我の再発が起こりにくくすることに期待できます。

 

肉離れを回復させるには筋肉の柔軟性が大切

 

肉離れなどの筋肉系の怪我をしてしまうと、急な強い痛みを感じ患部を動かすことができなくなります。

症状の程度によりますが、重症の場合はひとりでの歩行が困難なほどの痛みを伴ったり、外部から観察したときに筋肉の損傷部分がへこんでしまったりということがあります。

 

筋肉損傷が起こると身体は回復するために自然にくっつくように働くのですが、このとき「もう二度と筋繊維切れないように」とより強く硬くなってくっついていく性質があります。

そして、強いく硬くなってしまった筋肉は、伸び縮みの動作がぎこちなくなってしまい痛みや違和感につながります。

この状態は筋肉の柔軟性が失われている状態だといえます。

 

柔軟性を失ったままでプレーを初めてしまうと、同じ箇所の筋肉損傷を再発させてしまうため、肉離れを回復させるには筋肉の柔軟性を高めるようなリハビリを行うことがとても重要になります。

 

靭帯損傷を回復させるには関節の柔軟性が大切

 

サッカーの怪我で最も問題となり、多くの選手が悩まれている症状に靭帯損傷があります。

靭帯は骨と骨をつなぎ関節を安定させる役割を持っており、蹴る・走る・跳ぶときの動作に欠かせないものです。

そしてサッカーは、これらの動作によって酷使されることがありトラブルが起きやすい特徴があります。

特に影響が出るのは膝の関節で、一度でも靭帯を損傷してしまうと膝関節が緩み不安定さが残り、その後のプレーの質に大きな問題を生じさせます。

靭帯には関節や筋肉をつなぐ腱があり、怪我をしてしまうと関節の可動域が硬くなり狭くなってしまうことで、怪我の再発を高めてしまいます。

このことから、靭帯損傷を回復させるには、関節や筋肉を柔らかくし、柔軟性を高めることで可動域を広げることが重要となります。

 

 

サッカー選手の怪我回復に効果的!早く復帰したいなら初動負荷トレーニング®を実践しよう

一般的にリハビリでは、怪我の回復を目的としてマッサージやストレッチ、負荷の軽いトレーニングが行われます。

しかし、これらのリハビリでは回復の効果をなかなか実感できないと悩まれている選手もいるのではないでしょか?

 

なぜ、このようリハビリでは、なかなか実感が得られないかというと、筋肉や関節の硬直を和らげるのに長期間の時間がかかるからです。

通常マッサージやストレッチなどでは、患部に対して表面的なアプローチしかすることができない性質があるため、改善の実感が難しいとされています。

 

そこで一般的なリハビリでは得ることのできない、回復しやすく、しなやかな身体を身につけるために初動負荷トレーニング®というトレーニング方法をおすすめします。

初動負荷トレーニング®は怪我や障害に対応したトレーニング法となります。

 

特徴として身体にほとんど負担が掛からなく、神経や筋肉、関節へのストレスを解除し、柔軟性の向上を促し「回復しやすく、しなやかな身体」を身につけることができます。

 

サッカー選手は、回復しやすく、しなやかな身体を身につけることで怪我の回復・予防、パフォーマンスを向上させることができるので、実際に数多くのサッカー選手がトレーニングメニューとして導入しています。

 

本田圭佑選手も怪我の回復で実践している初動負荷トレーニング®

初動負荷トレーニング®が野球選手の「怪我の回復」「復帰」におすすめする理由のひとつに、確かな実績があります。

実際に初動負荷トレーニング®を実践している選手の一覧は下記の通りです。

 

現役プロサッカー選手の実績一覧

三浦知良、本田圭佑、宮市亮、佐藤由紀彦、小林慶行、山口慶、村井慎二、橋本英郎、前田遼一、伊藤翔、小林大悟、松下幸平、高柳一誠、藤本主

 

現役ではないサッカー選手の実績一覧

藤田俊哉、小倉隆史、平野孝、大岩剛、掛川誠、望月重良、熊谷浩二、相馬直樹、下田崇、米山篤志

 

このように、三浦知良選手や本田圭佑選手のように長年現役で活躍しているトップ選手も実践しておりしています。

 

香川県でサッカーの怪我の回復・復帰を目指している選手は、初動負荷トレーニング®をお試しください。

電話:0877-62-0555

☆随時無料体験を実施していますのでぜひ一度お試し下さい。☆

  
0877-62-0555 入会案内