香川でサッカーの故障・怪我を予防するトレーニングをするならWINGへ

サッカーは常に「走る」「接触がある」というスポーツなので故障や怪我に悩まされている選手が多くいると思います。

試合で常に活躍をするためには、

  • ・テクニック
  • ・スタミナ
  • ・対人に強い

などさまざまな要素が挙げられますが。

どんなに良い選手でも故障や怪我が原因で、活躍できなくなるということは珍しくありません。

 

故障・怪我があると安定したパフォーマンスを続けることができないので、怪我をしにくい身体を身につけるということが大切です。

 

今回は香川県善通寺にあるトレーニング施設WINGが、サッカー選手の故障・怪我の予防に最適なトレーニングについてまとめていきたいと思います。

目次

サッカー選手特有の故障・怪我はどのような症状があるの?

サッカー選手は身体のさまざまな故障や怪我が起こります。

代表的な部位としては

  • ・足の関節
  • ・足の筋肉
  • などが挙げられます。

 

具体的にどのような故障・怪我があるのかについて解説をしていきます。

サッカー選手が起こしやすい足の関節の故障・怪我の症状と予防

【足首の関節の捻挫】

サッカーの練習・試合はとてもハードで、さまざまプレーで足首関節の捻挫のリスクがあります。

  • ・他の選手との接触プレーで足を踏まれたり倒れたりする
  • ・ピッチコンディションが悪くデコボコのグランドや芝生のグランドに足をとられる
  • ・ジャンプをして着地のときに失敗し不自然な着地になる

など、例を挙げるとキリがないほどです。

 

足首関節の捻挫が起こったときは「ただの捻挫だから」と放置しやすいということも特徴としてあります。

放置をしてしまうと関節や関節回りの筋肉が硬くなり

  • ・パフォーマンスの低下
  • ・捻挫の再発

の原因となってしまうので、予防や治療を行うことが大切です。

 

この足首の捻挫は関節や筋肉を柔らかくすることで予防につながります。

 

【靭帯損傷】

サッカー選手が良く起こしやすい怪我の代表的な症状に膝の靭帯損傷があります。

プレーのさまざまなシーンで膝には負担がかかるためサッカー選手の代表的な故障・怪我であるともいえます。

膝は内側側副靭帯外側側副靭帯前十字靭帯後十字靭帯と4つの関節で構成されているのですが。いずれかの損傷が起こるとプレーの質に大きな影響を及ぼします。

膝靭帯損傷の特徴として、

  • ・治療期間が長期的なので復帰することがなかなかできない
  • ・改善に向かっていても、膝が緩んだ感じがして違和感が出る
  • ・慢性化してしまっている靭帯損傷は再発を繰り返すことがある

ということが挙げられます。

 

膝靭帯損傷を予防するには膝関節の柔軟性を高める必要があります。

硬く鈍い関節だと、プレーの負担を大きく受けてしますので、関節を柔らかくするトレーニングを行うことが大切です。

 

サッカー選手が起こしやすい足の筋肉の故障・怪我の症状と予防

【肉離れ】

サッカー選手は太ももの筋肉の大腿四頭筋やハムストリング、ふくらはぎの筋肉の下腿四頭筋や腓腹筋(ひふくきん)の肉離れを起こしやすいことも特徴としてあります。

肉離れは

  • ・筋肉のバランスが悪くなる
  • ・筋肉の筋の柔軟性が低下している

ときなどに起こりやすい症状です。

再発しやすい外傷であるため、予防や治療は慎重に行わなくてはいけません。

 

サッカー選手でウェイトトレーニングを実践するケースがありますが、ウェイトトレーニングでは

  • ・一部の筋肉だけが鍛えられてしまう
  • ・太くて密度のある筋肉がついてしまう

といったことがありますので、大きな負荷のかかるトレーニングを過度に行うことはおすすめしません。

太ももふくらはぎの筋肉に柔軟性を持たせるトレーニングを行うことが予防につながります。

サッカー選手特有の故障・怪我を繰り返さないためには

サッカー選手の故障・怪我は先程もお話したように一度痛めてしまうと再発しやすい症状がとても多いです。

そのため、何度も痛みを繰り返さないようにするには、故障・怪我が起こりにくい身体作りをすることが重要です。

 

一般的に故障・怪我を頻繁に起こしてしまうサッカー選手の特徴として

  • ・柔軟性が不足している
  • ・下半身、上半身の筋肉のバランスが悪い
  • ・走るフォーム、ボールを蹴るフォームが悪い
  • ・疲労が溜まっている

などが挙げられます。

このことから怪我の予防や回復を目指すときは柔軟性・筋肉バランス・骨格バランスを改善させるトレーニングを行うようにしましょう。

 

ただ、このようなトレーニングはどのように行えばいいの? ということがあると思います。

WINGではサッカー選手の怪我の予防や治療に最適な初動負荷トレーニング®を実践することができます。

柔軟性・筋肉バランス・骨格バランスを改善させるトレーニングを行うなら初動負荷トレーニング®がおすすめです。

サッカー選手の故障や怪我の予防、治療も行うことができる初動負荷トレーニング®

身体への大きな負担のかからない初動負荷トレーニング®では、

  • ・しなやかな柔軟性のある筋肉
  • ・関節の可動域を広げる
  • ・身体の重心位置の改善をすることで歪みを矯正し、本来のバランスになる

という身体作りを可能にし、サッカーで起こりやすい故障・怪我の予防を行うことができます。

 

また、骨や靭帯損傷を早期回復される効果もあるため、

「既に怪我を繰り返し思うようなプレーができない」と悩んでいるサッカー選手のリハビリトレーニングとして取り入れることもおすすめしています。

香川で初動負荷トレーニング®を行うならWINGへ!

三浦知良、本田圭佑も初動負荷トレーニング®を実践しており、長年現役でご活躍されております。サッカー選手の故障や怪我の予防、治療について初動負荷トレーニング®のお話しをしましたが、香川県内で初動負荷トレーニング®は善通寺のトレーニング施設WINGでしか体験をすることができません。

 

香川県内のみならず近隣の県にお住いのサッカー選手で、

「常に安定したパフォーマンスを保ち試合で活躍するために怪我の予防したい」

「靭帯、関節、筋肉の怪我に悩んでいて、最適なリハビリをしたい」

という方はぜひWINGにお越しください。

 

電話:0877-62-0555

☆随時無料体験を実施していますのでぜひ一度お試し下さい。☆

  
0877-62-0555 入会案内