香川でサッカーのトレーニングをするならWING!パフォーマンス向上と怪我予防・治療

サッカー選手がパフォーマンス向上させるために必要なものは何だと思いますか?

多くの選手は「足元のスキルやテクニックを磨く」と思われるのではないでしょうか。

 

もちろんサッカーは足でボールを扱うため足元のスキルやテクニックを磨くことは大切ですが、それ以上に大切なことはフィジカルです。

なぜフィジカルが大切かというと、どんなにスキルやテクニックがあってもフィジカルが弱いと接触プレーで倒れボールキープができませんし、怪我をする頻度も増えてしまい、自分の思い通りのプレーをすることができないからです。

そのため、サッカー選手で「試合で活躍したい!」「ライバルに勝ちたい!」という方はフィジカルを鍛えるトレーニングを積極的に行っていきましょう。

 

今回は香川県善通寺にあるトレーニング施設のWINGがサッカー選手におすすめのトレーニング方法についてお話をしていきたいと思います。

目次

サッカー選手はフィジカルトレーニングを行うことで総合的なパフォーマンス向上ができる

サッカーはボールを扱うスポーツですが、上手くなるにはボールを触った練習以外のトレーニングが重要となります。

なぜなら、サッカーは単純にボールを蹴る、トラップする以外に

  • ・相手選手と身体をぶつけ合うフィジカルコンタクトがある
  • ・強いシュートや正確なロングフィードを蹴る場面で身体の安定性

が必要となるからです。

 

またそれ以外に、

  • ・フェイントをするときなど「動かす関節は動かし、安定させる関節は動かさない」といった身体が機能的に動けるか。
  • ・ボールを出す、受け取るときのポディショニングは効率の良い動き出しで、それを常に繰り返し行えるか。

などの要素も必要となります。

 

トレーニングを行うことで、これらのパフォーマンス向上させることができるのですが、どのようなトレーニングをすれば良いかについてお話をしていきます。

 

相手とのフィジカルコンタクトに負けないトレーニング

接触プレーに負けない身体作りは上半身のトレーニングが大切です。

主に背柱起立筋、広背筋、腹筋などの上半身の筋肉を鍛えることで、当たり負けしない身体にすることができます。

 

ボールを蹴るとき、身体の安定性させるためのトレーニング

ボールを蹴る動作は膝の関節を短縮―伸張(縮めて伸ばす)働きをするため、強くボールを蹴るためには大腿四頭筋と軸足を安定させる大殿筋など下半身の筋肉をつけるトレーニングが重要となります。

ボールを蹴った後に体勢が崩れない安定した身体にするためにまた上半身を鍛えるトレーニングを行うことも大切です。

 

フェイントのときに必要なトレーニング

相手をかわすときには、関節の動きがとても重要となります。

具体的に脊柱・肩甲骨・股関節・足関節がメインとなるので、この関節の可動域を広げるトレーニングを行うことで、自由度の高いスムーズな身体使いが可能となります。

 

効率の良い動き出しが可能となるトレーニング

ボールを出す、ボールを受けるときの動き出しでは素早い切り返しが必要となります。

このときの動作では主にハムストリングや下腿三頭筋といった筋肉が重要となるので、効率の良い動き出しを常に維持するためには下半身トレーニングを行うようにしましょう。

サッカー選手が一般的に行っているフィジカルトレーニング方法について

上記でお話をしたようにサッカー選手はボールでの練習以外に上半身・下半身のトレーニングを行うことでプレーのパフォーマンス向上させることができます。

 

サッカー選手が上半身を含めたトレーニングを行うときはトレーニング方法としてウエイトトレーニングがありますが、ウエイトトレーニングをすることでのメリット・デメリットについてお話をしていきたいと思います。

 

サッカーにおけるウエイトトレーニングのメリット

・ボールを蹴る、走る以外の筋肉をつけることができる

サッカー選手は下半身以外に上半身の筋肉トレーニングを行い、身体を強くすることが大切です。ウエイトトレーニングでは上半身や下半身のそれぞれ自分が鍛えたい筋肉を鍛えて、筋肉の強化を強化することができます。

 

サッカーにおけるウエイトトレーニングのデメリット

・筋肉や関節が硬くなってしまう

ウエイトトレーニングでは硬い筋肉になったり関節の動きが悪くなったりします。

サッカーは全身の筋肉と関節を柔軟に使うスポーツのため、太くて重い筋肉をつけてしまうとパフォーマンス低下につながるケースがあります。

具体的なパフォーマンス低下の内容として、「動き出しが遅くなる」「オーバーラップ時の加速力が減速する」などのスピードが遅くなるということです。

また関節の動きが悪くなることで股関節や膝、足首などの怪我をしやすくなるといった原因になります。

 

このようにウエイトトレーニングでは筋肉・関節が硬くなってしまいサッカーをするのに不適合な身体になってしまうということがあります。

そこで、今回サッカー選手に取り入れていただきたいトレーニング方法として紹介をしたいのがWINGで行える初動負荷トレーニング®です。

初動負荷トレーニング®とは何?

_MG_7148

初動負荷トレーニング®とは株式会社ワールドウィングエンタープライズの代表である、小山裕史先生が発明・創案をしたトレーニング方法です。

初動負荷トレーニング®では反射機能と筋機能を促進さる効果があり、トレーニングとして取り入れることで柔軟性のある強く、しなやかな筋肉を身につけることができ、初動(動き出し)のスピード、加速力、機能性のある純粋なパワーを獲得することができます。

また関節の可動域を広げる効果もあるため、初動負荷トレーニング®はサッカートレーニングにおいて効果的なトレーニング方法といえます。

 

初動負荷トレーニング®はサッカー選手の怪我の予防・改善にも効果的!

サッカー選手特有の最も問題となる怪我は靱帯損傷です。

特に膝の関節の靭帯の怪我として内側側副靱帯、外側側副靱帯、前十字靱帯、後十字靱帯の損傷があります。

これらの靱帯の損傷が起きると、治療期間は長期間にわたり、改善に向かったとしても膝関節の緩みが違和感となり、その後のプレーに大きな影響が出てしまいます。

 

初動負荷トレーニング®は靭帯の損傷を早期回復させる効果があることから、サッカー選手のリハビリメニューとしても活用されています。

また、初動負荷トレーニング®ではしなやかな柔軟性のある筋肉関節の可動域を広げることでサッカー選手の怪我の予防にも効果的です。

 

この初動負荷トレーニング®は今までにはないトレーニング方法として大注目されていて、多くのプロサッカー選手に取り入れられています。

プロサッカー選手の本田圭佑選手も取り入れている!サッカートレーニングは初動負荷トレーニング®がおすすめ

 

初動負荷トレーニング®をトレーニング方法として取り入れている選手は数多くいます。

一覧は下記の通りです。

三浦知良、本田圭佑、宮市亮、佐藤由紀彦、小林慶行、山口慶、村井慎二、橋本英郎、前田遼一、伊藤翔、小林大悟、松下幸平、高柳一誠、藤本主など

 

このようなプロサッカー選手が初動負荷トレーニング®を導入しています。

また、他にも数多くのアスリートが初動負荷トレーニング®を導入していますが、

他のアスリートに関しては実践されているアスリートから確認してください。

サッカーに効果的な初動負荷トレーニング®は香川のどこで体験できる?

サッカーのパフォーマンス向上を目指すなら、サッカーに必要な筋肉・関節の動きを初動負荷トレーニング®で効率的に身につけるようにしましょう。

 

初動負荷トレーニング®を利用できる施設は限られています。

そのため株式会社ワールドウィングエンタープライズの指導提携施設にてトレーニングを行うようにしましょう。

香川県内では善通寺にあるトレーニング施設、WINGでしか初動負荷トレーニング®を体験することができません。

電話:0877-62-0555

☆随時無料体験を実施していますのでぜひ一度お試し下さい。☆

  
0877-62-0555 入会案内