香川で競泳の故障・怪我を予防するトレーニングをするならWINGへ

特に競泳選手は普段の練習で1日に何千メートルも泳ぐこともあることから、オーバートレーニングになり身体に負担がかかり故障や怪我を発症してしまうということも珍しくありません。

 

タイムを縮めるために日々練習に励んでいるのに、故障や怪我をしてしまうと

  • ・痛みが気になり練習ができなくなる
  • ・パフォーマンスが落ちて、満足いく泳ぎができなくなる
  • などの原因となってしまいます。

これでは、せっかくのトレーニングが効果的・効率的ではなくなってしまいます。

そのため、競泳選手はハイパフォーマンスを維持するためにも怪我をしないような身体作りをすることがとても大切です。

今回は香川県善通寺にあるトレーニング施設WINGが、「競泳選手が起こしやすい故障・怪我の症状」についてと、「競泳選手特有の故障・怪我の予防に最適なトレーニング方法」についてまとめていきたいと思います。

目次

競泳選手特有の故障・怪我はどのような症状があるの?

競泳選手特有の故障や怪我として代表的な症状に

  • ・水泳肩
  • ・平泳ぎ膝
  • ・腰痛
  • などが挙げられます。

 

具体的にどのような痛みなのか? について症状と予防について解説をしていきます。

競泳選手が起こしやすい水泳肩の痛み症状と予防

競泳選手特有の怪我に水泳肩があります。水泳肩はスイマーショルダーと呼ばれることもあります。

この症状は競泳選手のなかでも自由形とバタフライの選手に発症しやすいということがあります。

泳ぐときは肩や腕などの上半身や脚などの下半身といったように全身の連動した動作が必要になります。

そのなかでも自由形のクロールやバタフライは腕の力を使って前へ進む推進力を生みだしますが、腕を回すときに、肩甲骨の靭帯上腕二頭筋の腱が擦れ合い炎症が引き起こしやすくなってしまいます。

この炎症悪化をすると、肩関節の痛みの原因となります。

症状が酷い場合には、痛くて腕が回らないほどになってしまうこともあります。

 

水泳肩を発症していると、炎症している患部周辺の筋肉や関節が硬くなってしまい適切な治療を行わなければ「痛みが長引く」「完治したと思ってもすぐに再発してしまう」といったことにつながります。

そのため、水泳肩の予防・治療を行うには筋肉や関節の柔軟性を高めるようなトレーニング方法を取り入れ身体を鍛えることが重要となります。

 

競泳選手が起こしやすい平泳ぎ膝の痛み症状と予防

競泳選手特有の怪我に平泳ぎ膝があります。平泳ぎ膝はブレスストローカーズニーと呼ばれることもあります。この症状は病名通り平泳ぎの選手に発症しやすい怪我ですが、膝靭帯の内側を痛める故障となります。

 

平泳ぎのフォームはもともとカエルのように膝を左右に大きく広げ、後方へキックをすることで前に進んでいました。これをウエッジキックといいます。

 

ただ、泳ぎは時代ごとに主流が変わり、最近では脚を引きつけても膝を大きく開けるようなフォームではなくなりました。その代わりに、わずかに開いた膝を起点にして水を挟み込み蹴るといった泳ぎ方に変わりました。これをウィップキックといいます。

 

ウィップキックはウエッジキックに比べ推進力を高め、スピードを上げるスイミングフォームですが、膝に負担がかかることが特徴としてあります。

 

このことから、平泳ぎの選手は膝周辺をしなやかな柔軟性のある筋肉・関節にすることが重要となります。平泳ぎの選手に最適な身体作りをするなら、膝周辺の筋肉・関節の鍛え方を意識するようなトレーニングを行うようにしましょう。

 

競泳選手が起こしやすい腰痛の痛み症状と予防

競泳選手特有の怪我に腰痛があります。

この症状は競泳選手のなかでもクロール・バタフライ・背負泳ぎの選手に発症しやすいということがあります。

 

まず、クロールでは水中で肘を高くして腕をかきます。この動作は、上半身が反りやすく腰へ負担を与えてしまう特徴があります。

そして、バタフライや背負泳ぎでは、そもそものフォームが腰に負担をかけやすいという特徴があります。そのため、過度なトレーニングを続けることで腰痛を引き起こし、故障で競技生活に影響を与えてしまう原因となってしまいます。

 

このことから競泳での腰痛を予防するには、腰の負担を軽減させるような柔軟な筋肉やフォームを身につけることが大切となります。

 

また、現在故障中で腰が痛いという選手は、筋肉や腱が硬くなってしまっている状態なので常に身体を柔らかく保つようなトレーニングを継続させることが需要です。

 

競泳選手特有の故障・怪我を繰り返さないためには

競泳選手で故障や怪我を繰り返さないためには

  • ・日々のトレーニングで蓄積した身体の負担を軽減させるトレーニングを行う
  • ・肩関節、股関節、膝関節などを広げ柔軟性を持たせる
  • ・筋肉・関節は強く柔らかくしなやかに鍛える
  • といったトレーニングや身体作りを意識するようにしましょう。

 

ただ、ハイパフォーマンスを維持するために怪我をしないためには、どのようなトレーニングを行えばいいか分からないということはありませんか?

 

そこで、WINGがおすすめするトレーニング方法は初動負荷トレーニング®です。

初動負荷トレーニング®では競泳選手特有の故障や怪我の予防・治療につながる効果を実感することができます。

競泳選手の故障や怪我の予防、治療も行うことができる初動負荷トレーニング®

競泳選手が初動負荷トレーニング®で身体を鍛えることで、さまざまなメリットを得ることができます。

初動負荷トレーニング®は、多くのアスリートが実践しているトレーニング方法として有名で、どのような方でも

  • ・筋肉・関節の柔軟性を高める
  • ・しなやかな身体を身につけることができる
  • ・スピード、加速度、機能性のある純粋パワーを向上させる

など、さまざまな効果を実感することができます。

初動負荷トレーニング®の詳しい効果についてはこちら

 

初動負荷トレーニング®を実践すれば、競泳選手に最適な身体作りを目指すことができるので、

  • 「競泳選手特有の故障や怪我の予防をしたい」
  • 「安定したパフォーマンスを身につけたい」
  • 「今痛めている怪我を治療したい」

とお悩みの方は、初動負荷トレーニング®をトレーニングメニューに導入しましょう。

金戸恵太さんなど、多数のオリンピックメダリストも実践していた初動負荷トレーニング®を香川で行うならWINGへ!

初動負荷トレーニング®はオリンピック出場者やメダリストのトレーニングにも取り入れられています。

 

競泳選手では、

金戸恵太選手、元渕幸選手、武田美保選手、神保れい選手、河邉美穂選手

などの数々のオリンピック出場者が実際に初動負荷トレーニング®を実践していました。

 

この実績から、

  • ・怪我や故障の予防になるトレーニングを行いたい
  • ・現在、故障や怪我に悩んでいて治療を行いたい
  • ・試合で活躍できるトレーニングを行いたい

と考えられている競泳選手は、初動負荷トレーニング®で効果的に身体を鍛えましょう。

 

この初動負荷トレーニング®は香川県内では善通寺のトレーニング施設WINGでしか体験することができません。

香川県内のみならず近隣の県にお住いの競泳選手で「初動負荷トレーニング®を試したい!」という方はぜひWINGまでお問い合わせください。

 

電話:0877-62-0555

☆随時無料体験を実施していますのでぜひ一度お試し下さい。☆

  
0877-62-0555 入会案内