香川県でテニスの怪我の回復・復帰を目指すならWINGへ

テニスは1ゲームに何時間もかける場合があったり、前後左右すべての動きがあったりしてとても身体に負荷・負担の大きい競技です。

そのため、多くテニス選手はさまざまな怪我の発症に悩まれていることでしょう。

 

テニスでは代表的な怪我のとしては、

  • ・肘関節痛(テニス肘)
  • ・肉離れ
  • ・捻挫

などの外傷があります。

 

テニスによる怪我のほとんどはトレーニングや練習のし過ぎや試合の過密日程によるオーバーユースが原因といわれています。

怪我が引き起きている状態ですと「痛みにより思うようなプレーができない。」「パフォーマンスが低下してしまう。」ということから「怪我を回復させたい。」「早く復帰をしたい。」と思われている選手が多くいるでしょう。

 

そこで、今回はゴルフ選手が怪我の回復や早く復帰するための効果的なリハビリについて解説していきたいと思います。

目次

テニス選手が怪我の回復・復帰を行うためにリハビリを行う必要性

とてもハードに身体を動かすテニスは、プレーによってさまざまな怪我を引き起こします。

怪我をしている状態は筋肉や関節が炎症していたり損傷していたりしている状態で痛みにより満足に動かすことができなくなることでパフォーマンスを低下させてしまいます。

 

リハビリは怪我の回復を目的に行われ、理学療法士など専門家による指導のもと怪我の種類や症状の程度を考慮したうえでトレーニングが実施されます。

専門的なトレーニングを行うことで、効果的に復帰を目指すことができます。

 

そして患部だけの治療ではなく、競技パフォーマンスを向上させ必要な身体機能やスポーツ動作の改善を図ります。

そのため、怪我をしているテニス選手で復帰・回復を目指している方はリハビリを行うようにしましょう。

 

また、リハビリと一口にいってもさまざま方法があると思います。

怪我を繰り返してしまうと、満足にプレーができなくなってしまいますので、パフォーマンスを向上させるために怪我の回復・改善はとても大切で、リハビリトレーニングとても重要となります。

怪我の再発防止やパフォーマンス向上を目指すには身体をしなやかにさせ柔軟性を持たせるトレーニングや怪我からの回復しやすいトレーニングで治療を行うようにしましょう。

 

テニス選手が怪我の回復・復帰を目指すときに気をつけたいこと

テニス選手の怪我の代表的な部位は

  • ・肘関節痛(テニス肘)
  • ・肉離れ
  • ・捻挫

などが挙げられます。

 

ここでは、具体的にテニス選手の怪我の特徴と、回復・復帰を目指すうえで身につけたい身体についてお話をしていきたいと思います。

 

テニス肘の特徴と回復・復帰するためには

テニス選手特有の怪我のひとつに上腕骨外側上顆炎という症状があります。

通称テニス肘といいます。

 

この症状の原因はオーバーワークや筋肉の柔軟性の低下による影響が大きいとされています。

ラケットでボールを打つ際にストロークのインパクトの瞬間に肘に衝撃が集中してしまうことで、主に前腕の筋肉が緊張し衝撃の蓄積により筋繊維や腱の負担が大きくなり炎症が発生します。

テニス肘を回復させるには、筋肉の緊張を解除し炎症により硬くなってしまった筋繊維や腱を柔らかくしなやかにさせることで痛みの緩和と再発防止につながります。

 

テニス選手の肉離れの特徴と復帰・回復するためには

テニス選手はプレーの特性上、急なダッシュや方向転換の頻度がとても多く、その動作によってふくらはぎにある下腿三頭筋の肉離れを起こしやすい傾向にあります。

筋肉は常に収縮運動を繰り返していますが、この筋収縮が急に素早く大きな力で行わると筋神経の一部や筋膜が断裂損傷を起こしてしまいます。

また肉離れを起こしてしまうと筋肉自体が硬くなり、組織間で癒着が起こります。

組織間の癒着とは、「筋肉と筋肉」「筋肉と筋膜」「筋肉と靭帯」「筋肉と骨」のように、筋肉と関係する各箇所に炎症のためくっつき合ってしまいます。

筋肉が硬くなり癒着してしまうと

  • ・柔軟性の低下
  • ・収縮職の低下
  • ・筋力の低下

などが起きます。

この影響により、肉離れは一度発症すると再発が起こりやすいことが特徴的です。

 

肉離れを回復させるには、筋肉の癒着を解消させ、炎症により硬くなってしまった筋肉を柔らかくしなやかにさせることで痛みの緩和と再発防止につながります。

 

テニス選手の捻挫の特徴と復帰・回復するためには

テニス選手はプレーで急なダッシュや方向転換の頻度がとても多いとお話をしましたが、これにより捻挫を起こしやすいことも特徴としてあります。

捻挫は関節の許容範囲を超えた動きが与えられたときに起きる損傷のひとつです。

関節の可動制限範囲を超えてしまうことで筋肉や靭帯が一時的に引き延ばされてしまい、痛み、腫脹、熱感を伴います。

また、捻挫を起こしてしまうと関節の不安定性が高まってしまい再発が起こりやすくなってしまいます。

 

捻挫を回復させるには、関節可動域を広げ、損傷により硬直した筋肉や靭帯に柔軟性と持たせることで痛みの緩和と再発防止をすることにつながります。

 

テニス選手の怪我回復に効果的!早く復帰したいなら初動負荷トレーニング®を実践しよう

テニスでの怪我や故障として代表的な症状を上記でお話をしましたが、そのほとんどの症状は筋肉や関節が硬くなり痛みや再発を起こしやすい傾向にあります。

 

そのため、テニス選手で怪我や故障に悩まれているけれど、

「症状を回復させたい。」

「早く復帰をしたい。」

と思われている人は、リハビリを実施する際に筋肉や関節の柔軟性を高めしなやかな身体を獲得できるようなトレーニングを取り入れられることをおすすめします。

 

しかし、柔軟性を高めしなやかな身体を手に入れられるトレーニングができるリハビリは一般的な施設では実感することができないところがほとんどだと思います。

そこで一般的なリハビリでは実感することが難しい怪我の回復・早い復帰に効果的なリハビリを行うには初動負荷トレーニング®というトレーニングをおすすめします

 

初動負荷トレーニング®は筋機能と神経機能を促進させる作用があります。

このトレーニングを実践することで、

  • ・筋肉や関節の柔軟性を高める
  • ・関節可動域を拡大させる

といったような効果があります。

 

テニスの怪我の多くは、「炎症や損傷によって筋肉が硬くなっている。関節可動域が狭くってなっている。」ことが原因となるので、初動負荷トレーニング®による身体変化を獲得してしなやかな身体を身につけることで、怪我の回復・予防などに効果を実感することができます。

また、一般的なトレーニングと異なることとして、

  • ・運動することでの身体への負担がほとんどない。
  • ・神経や筋肉・関節へのストレスを除去し、疲労物質を溜めない。

という作用があることから怪我や障害をしているときでも負担なくトレーニングを続けることができます。

このことから現在、怪我をしているテニス選手で「早く復帰を目指したい!」と思われている方は、初動負荷トレーニング®に取り組むことで故障の回復と復帰を実感することができるでしょう。

 

杉山愛さんも怪我の回復で実践していた初動負荷トレーニング®

8. HIP・LEGS<HIP JOINT> 4D-3000〈STANDING〉

初動負荷トレーニング®はプロテニス選手もトレーニングメニューとして取り入れられています。

一例としては、元プロテニスプレーヤ杉山愛さんや現役では森田あゆみ選手、越野由梨奈選手など多くの選手が導入している実績があります。

 

長年現役で活躍をしていた杉山愛さんも怪我の回復やパフォーマンス向上に取り入れられていたことから、現在怪我や故障に悩まれているテニス選手は初動負荷トレーニング®を実践していただくと良いのでしょう。

 

 

今回ご紹介をした初動負荷トレーニングは、発明・考案をした小山裕史先生が代表を務める株式会社ワールドウイングエンタープライズの指導提携施設のみでしか体験することができません。

そして香川県内では善通寺のWINGでしか実践することができません。

 

香川県内はもちろん近隣にお住いのゴルフ選手で、「怪我の回復・復帰に効果的なリハビリトレーニングしたい!」と考えられているテニス選手は、ぜひWINGで初動負荷トレーニング®を活用したリハビリを始めましょう。

電話:0877-62-0555

☆随時無料体験を実施していますのでぜひ一度お試し下さい。☆

  
0877-62-0555 入会案内