香川でテニスの故障・怪我を予防するトレーニングをするならWINGへ

テニスはとてもハードなスポーツです。

ラケットを扱い上半身を動かしたり、ボールを追いかけるために下半身を動かしたりしますが、その反復的な動作は全身に大きな負担を与えます。

そのため多くのテニス選手が故障や怪我に悩まれているということがあります。

 

テニス選手が一度怪我をしてしまうと、

  • ・試合中に十分な実力を発揮することができない
  • 怪我の再発を繰り返し長い間プレーすることができない

原因となってしまいます。

 

そのため、テニス選手は怪我をしないような身体作りをすることがとても大切です。

今回は香川県善通寺にあるトレーニング施設WINGが、「テニス選手が起こしやすい故障・怪我の症状」についてと、「テニス選手特有の故障・怪我の予防に最適なトレーニング方法」についてまとめていきたいと思います。

目次

テニス選手特有の故障・怪我はどのような症状があるの?

ゴルフ選手特有の故障や怪我として代表的な症状に

  • ・肘の痛み
  • ・ふくらはぎの痛み
  • ・腰の痛み

などが挙げられます。

 

具体的にどのような痛みなのか? について症状と予防について解説をしていきます。

テニス選手が起こしやすい肘の痛み症状と予防

テニス選手特有の怪我にテニス肘があります。

ラケットのスイング動作であるフォアハンドストロークやバックハンドストロークの繰り返しによる上腕骨外上顆炎が、テニス肘にあたります。

上腕骨外上顆と前腕から肘の関節部分まで伸びる筋肉をつなぐ腱に負担が加わることで損傷や断裂が生じて発症する痛みとなります。

 

テニス肘の発症原因としては主に、

  • ・筋肉の使い過ぎ
  • ・フォームが悪い
  • ・肩や手首を含めて腕回りの筋肉が弱い

などが挙げられます。

 

この症状は早期治療・改善することが大切で、放置をしてしまうとラケットを持つことができなくなるためプレーを続けることができなくなってしまいます。

また、重い物を持ち上げるときに痛みが生じるなど、日常生活に支障が出てしまうことにつながってしまうこともあります。

 

テニス選手特有のこの肘の痛みを予防するには

  • ・筋肉疲労を和らげ、負担の少ないトレーニングを意識する
  • ・姿勢矯正や体幹の筋肉を鍛えて、正しいスイングフォームを身につける
  • ・腕回りの筋肉を強化する

などが重要となります。

 

腕回りの筋肉や体幹を鍛える方法はできるだけ負担がかからないトレーニングが望ましく、一般的なウェイトトレーニングのような筋肉を追い込む鍛え方では、怪我を発生させるリスクを高めるだけではなく故障しやすい身体の原因になることがあります。

テニス肘を予防するには筋肉と関節の柔軟性を高めるような筋肉トレーニングを取り組むようにしましょう。

 

テニス選手が起こしやすいふくらはぎの痛み症状と予防

テニス選手特有の怪我にテニスレッグがあります。

テニスではボールを打ち返して走るような瞬発的な動作が多々あります。収縮している筋肉が急激に伸縮することで下腿三頭筋内側頭挫に炎症が起き、ふくらはぎの肉離れを起こしてしまいます。その症状をテニスレッグと呼びます。

 

テニスレッグを引き起こすと筋肉の一部が損傷したり断裂したりする状態になり、ふくらはぎ内部の腫れや圧痛が起こります。

テニス選手特有のふくらはぎの痛みを予防するには、

筋肉に柔軟性を持たせることが非常に重要となります。

ふくらはぎの筋肉の柔軟性が失われていたり、筋力低下があったりすると肉離れを起こしやすくします。

 

テニス選手が起こしやすい腰の痛み症状と予防

テニスのプレーによる特定の反復的な動作や疲労の蓄積、急激な腰の回転や不自然で誤った動作などが原因となり起こるのが腰の痛みです。

 

テニスではさまざまな要因から腰痛の発症が考えられますが、その痛みは軽度から重度まであります。

軽度の腰痛であれば腰を回すときにチクッとした痛み程度ですが、痛みの深刻化が進むと腰をかがめるだけで重い痛みを覚えたり、椎間板ヘルニアやぎっくり腰といった症状につながることもあります。

 

テニスで引き起こす腰痛を予防するには、

  • ・緩急のある動作に身体が耐えられるよう腰や骨盤回りの関節や筋肉の柔軟性を高める
  • ・疲労の蓄積を和らげ、正しいトレーニングを行う

など怪我をしにくい身体作りが大切です。

 

テニス選手特有の故障・怪我を繰り返さないためには

テニスで故障や怪我をしてしまう人は

  • ・筋肉や関節の柔軟性がない
  • ・筋力が弱い。筋肉のバランスが悪い。
  • ・身体の重心バランスが悪い
  • ・疲労が蓄積している

などが原因として挙げられます。

 

そのため、

  • ・筋肉や関節の柔軟性を向上させる
  • ・バランスの取れた筋肉を鍛える
  • ・無駄のない体重移動を行えるよう身体のバランスを改善させる
  • ・できるだけ疲労蓄積の少ないトレーニングを行う
  • といった怪我をしにくいトレーニング・身体の作りをすることが大切です。

 

しかし、どのようなトレーニングを実践すれば、これらを身につけることができるのでしょうか?

そこで、おすすめするトレーニングがWINGで体験することができる、初動負荷トレーニング®です。

初動負荷トレーニング®ではテニス選手特有の故障や怪我の予防・治療につながる効果を実感することができます。

 

テニスの故障や怪我の予防、治療も行うことができる初動負荷トレーニング®

初動負荷トレーニング®は、初動負荷理論に基づいたトレーニング方法です。

運動の初動時に負荷のピークを発生させ身体を鍛えるといった方法で、現在さまざまなスポーツ業界や医療業界から注目されているトレーニングとなっています。

 

B.M.L.Tカムマシン®という専用の器具を用いてトレーニングを行いますが、ウェイトトレーニングなどの一般的なトレーニング方法と異なる特徴として身体への負担がとても少ないということがあります。

そのため、いくらでもトレーニングに励むことができ、効果的効率的に身体を鍛えることが可能となります。

そして、初動負荷トレーニング®を実施することで得られる主な効果は、

  • ・筋肉と関節の柔軟性を向上させる
  • ・柔軟性が向上することでしなやかな身体を獲得できる
  • ・スピードや加速度、機能性のある純粋パワー向上
  • ・重心位置の変化や身体の歪みの矯正

など、さまざまな効果を実感することができます。

 

テニス選手は

  • ・筋肉や関節の柔軟性を向上させる
  • ・バランスの取れた筋肉を鍛える
  • ・無駄のない体重移動を行えるよう身体のバランスを改善させる
  • ・できるだけ疲労蓄積の少ないトレーニングを行う
  • というトレーニングを行うことがとても大切というお話を上記でしましたが、

初動負荷トレーニング®に取り組むことでテニス選に最適な身体作りが可能となり、故障や怪我の予防につながります。

 

また、初動負荷トレーニング®では、靭帯や骨の早期回復の効果も得られるため、

  • ・テニス選手特有の肘の痛み
  • ・テニス選手特有のふくらはぎの肉離れ
  • ・テニスで引き起こる腰痛
  • などの治療にも効果的となります。

 

杉山愛さんも実践していた初動負荷トレーニング®を香川で行うならWINGへ!

 

今回はテニス選手におすすめのトレーニング方法として初動負荷トレーニング®を紹介しました。

初動負荷トレーニングはWATダブルス世界ランキング1位を獲得した元プロテニスプレーヤ杉山愛さんや現役では森田あゆみ選手、越野由梨奈選手など多くの選手がトレーニングメニューとして導入している実績があります。

 

この実績からテニス選手で

  • ・故障や怪我に悩んでいる
  • ・怪我をしにくい身体を身につけてプレーを長く続けたい
  • ・テニスの試合で活躍するために、パフォーマンス向上をしたい
  • と考えられている方は、ぜひ試していただきたいトレーニングです。

 

この初動負荷トレーニング®はどこの施設でも行えるトレーニングではありません。

香川県内では善通寺にあるトレーニング施設のWINGでしか体験をすることができません。

 

香川県内のみならず近隣の県にお住いのテニス選手で、「初動負荷トレーニング®を試したい!」という方はぜひWINGまでお問い合わせください。

 

電話:0877-62-0555

☆随時無料体験を実施していますのでぜひ一度お試し下さい。☆

  
0877-62-0555 入会案内