香川で野球のトレーニングをするならWING!パフォーマンス向上と怪我予防・治療

野球選手は「怪我なく試合で活躍する」には練習や日々のトレーニングが重要となります。

しかし野球で必要な筋肉をどうやったら鍛えられるのか? とトレーニングを試行錯誤しているという人が多くいると思います。

今回は香川県善通寺にあるトレーニング施設のWINGが野球選手におすすめのトレーニング方法についてお話をしていきたいと思います。

目次

野球選手はトレーニングを行うことでどのような効果が得られる?

野球のトレーニングをするときは野球で必要な筋肉を鍛えることで「パフォーマンスを向上させる」を目的としている選手、常に活躍できるように「怪我のない身体作りをしたい」「怪我の軽減でリハビリをしたい」を目的にしている選手がいると思います。

 

ここでは野球選手がトレーニングを行うことで、どのような効果が得られるか? について解説していきます。

 

野球選手のパフォーマンス向上を目的としたトレーニングの効果

野球選手がトレーニングを行うときはポディション・打順などによって「パワーをつけたい」や「スピードをつけたい」などの目的が違うのでトレーニング方法はそれぞれの求める目的によってトレーニング方法が異なります。

 

投手のパフォーマンス向上をするには

投手であれば球速アップキレのある球を投げたい、コントロールを良くしたいというパフォーマンス向上を目指している選手は多くいるでしょう。

 

まず、投手が球速アップキレのある球を投げるには

腕の振りを早くすることが重要で「力・スピード」を向上させること、

投球フォームの柔軟性と連動性が重要で「伝達力」のある身体の使い方にすることが大切となります。

そのため、肩や腕の筋肉はもちろん、肩甲骨や鎖骨などの上半身を中心としたトレーニングが必要となります。

 

続いて投手がコントロールを良くするには

安定した全身の筋肉を身につける必要があります。

投球は手だけで投げるものではなく、体全体で投げることが大切です。

 

ここで大切なトレーニングは下半身を中心としたトレーニングです。

具体的に骨盤回り、股関節、脚を中心としトレーニングをすることで、どれだけ投球をしても身体がブレない安定した身体になりコントロールを良くすることができます。

 

野手のパフォーマンス向上をするには

野手であれば守備範囲の向上遠投力のアップをしたいというパフォーマンス向上を目指している選手は多くいるでしょう。

 

まず、野手が守備範囲の向上をするには

打球反射が必要となるので初動を早めることで、球を捕球することができます。

そのため、下半身のトレーニングのほかに神経と筋肉の伝達を向上させるトレーニングが重要となります。

続いて野手が遠投力をアップするには、投手と同様に肩・腕・肩甲骨・鎖骨などの上半身の筋肉、安定した下半身強化となるトレーニングが必要となります。

 

打者のパフォーマンス向上をするには

打者のときは飛距離アップをしたいというパフォーマンス向上を目指している選手は多いでしょう。

 

まず、飛距離をアップさせるには

バットのスイングスピードを速くする必要があります。

バットスイングを早くすることで「力・スピード」を向上させることができます。

また、球を打つときにブレない身体であることが重要なため下半身の安定も必要となります。

そのため、飛距離アップをさせるには上半身、下半身どちらのトレーニングも大切になります。

 

野球選手が一般的に行っているトレーニング方法について

野球選手が普段の練習(投球練習、素振りやティーバッティングなどの打撃練習、守備練習、ベースランニングなどの走力練習)をされていますが、

その普段の練習以外で行えるトレーニングとして一般的なのがウエイトトレーニングではないでしょうか。

 

ここでは、野球におけるウエイトトレーニングとのメリットとデメリットについてまとめていきたいと思います。

 

野球におけるウエイトトレーニングのメリット

1)普段の練習で使わない筋肉を強化することができる

ウエイトトレーニングでは筋肉を強化することで基本的にパワーアップをすることができます。

普段の野球の練習で使わない部位の筋肉をつけることができるので、上半身や下半身のそれぞれの部位の筋肉強化をしたいときにウエイトトレーニングは効果的です。

 

野球におけるウエイトトレーニングのデメリット

1)身体が硬くなってしまう

ウエイトトレーニングでは太く強い筋肉が付く特徴にあります。

そのため硬い筋肉になったり関節の動きが悪くなったりします。

 

また、筋肉が硬くなったり、関節の動きが悪くなったりするとスピードの減退怪我をしやすい身体になってしまう原因になりますので注意が必要です。

 

2)オーバートレーニングになってしまうことも

ウエイトトレーニングは筋肉を破壊して休みを取って回復させての繰り返しを行うことで筋力を強化する方法です。

そのため、身体の筋肉や関節に大きな負担をかけてしまうという特徴があります。

休みのないハードな筋肉トレーニングは疲労が蓄積し筋肉の発達がしないばかりか、怪我や故障の原因となります。

 

このようにウエイトトレーニングでは筋肉・関節が硬くなってしまう、オーバートレーニングになってしまうという傾向があります。

これではパフォーマンス向上させるためにトレーニングをしているのに、十分な効果を得られないということになってしまいます。

そこで、今回野球選手のトレーニング方法として紹介をしたいのがWINGで行える初動負荷トレーニング®です。初動負荷トレーニング®は今までのトレーニングにはないトレーニング方法としてプロ野球選手に大注目のトレーニング方法として導入されています。

プロ野球選手の内川 聖一選手も取り入れている!野球トレーニングは初動負荷トレーニング®がおすすめ

 

初動負荷トレーニング®をトレーニング方法として取り入れている選手は数多くいます。

一覧は下記の通りです。

イチロー、内川 聖一、林昌勇、裵英洙、山本昌、岩瀬仁紀、山井大介、浅尾拓也、朝倉健太、田島慎二、高橋聡文、吉見一起、武藤祐太、山内壮馬、野本圭、八木智哉、石川雅規、中澤雅人、平井諒、福井優也、西村健太朗、岩田稔、安藤優也、中嶋聡、大野奨太、斎藤佑樹、荒張裕司、乾真大、田中賢介、糸井嘉男、後藤駿太、米野智人、大﨑雄太朗、多村仁志、伊藤義弘、矢地健人、藤岡好明、鶴岡慎也など

 

このようなプロ野球選手が初動負荷トレーニング®を導入して

実践されているアスリートから確認していただくこともできます。

 

初動負荷トレーニング®では動作の最初に(初動)に負荷をかけることで、筋肉と反射神経の特性となる「弛緩―伸張―短縮」の一連の動作を促進される作用があります。

これによりしなやかな柔軟性のある筋肉関節の可動域を広げることが可能となり、野球選手の必要となる身体作りに効果的となりパフォーマンス向上させることができます。

 

初動負荷トレーニング®は野球選手の怪我の予防・改善にも効果的!

 

野球選手特有の怪我として肩(野球肩)・肘(野球肘)の故障があります。

初動負荷トレーニングではしなやかな柔軟性のある筋肉関節の可動域を広げることで怪我の予防に効果的といえます。

また、骨や靭帯の損傷を早期回復させる効果もあることから、野球選手のリハビリメニューとしても活用されています。

 

野球に効果的な初動負荷トレーニング®は香川のどこで体験できる?

数々の一流プロ野球選手も導入している野球に効果的な初動負荷トレーニングは香川県内では善通寺のトレーニング施設WINGでしか体験をすることはできません。

「野球の試合で今より活躍したい!」、「怪我なく野球をしたい!」という野球選手はぜひ香川県善通寺のWINGで初動負荷トレーニングをお試しください。

電話:0877-62-0555

☆随時無料体験を実施していますのでぜひ一度お試し下さい。☆

  
0877-62-0555 入会案内